国内出張は格安航空券を使うようにとの指示が出ました!

他に劣らない安全性

安全性が不安だった | サービス的には問題なく思えた | 他に劣らない安全性

そして、圧倒的に旅費が安いというのが格安航空券の魅力です。
何しろ5倍近い値段の差となるようなこともあり、万単位で値段が違うわけですから、これだけでどれだけ会社の利益が増えるかは想像に難くありません。
会社としては安全性さえ確認出来たらすぐにでもこれを利用したいと考えていたでしょう。
そして、ようやくその判断をしたということになります。
別に大手と格安航空会社で安全性に差異があるということは証明されてないわけで、場合によっては格安航空会社の方が安全性が高いかもしれないわけですから、もっと早くにこの決断をしていれば良かったのではないかと自分などは思いました。
何しろ本当に国際的な格安航空会社の場合は事故率が低いというデータも出ているともいわれています。
これについては、サンプル数やデータの見方などもいろいろと疑問の余地はあるでしょうが、格安航空会社の方が安全性が劣るというようなことは言えないという事は、このことからもハッキリとしています。
とすれば、ビジネスを考えるのであれば、ハッキリとコストが違うわけですから、まず大手を利用するメリットないと判断するのが普通でしょう。
会社を経営している人であれば、これは真っ先に考えるべきことです。
格安航空会社は自分の努力によってこれだけの料金を実現させてきています。
それは真っ先に評価すべきところだったのではないかと自分などは思います。
何しろ大手の半額どころかさらにそれを下回るような値段で同じ移動が出来る手段を提供するようになったわけですから、これはビジネスを考える上ではまず信用できる相手という事になります。
少なくとも企業努力を怠ってきた大手とは一線を画す存在と認めるべきだったと自分などは思います。